生産現場の生産効率の向上には、決められた計画・スケジュールとおりに人や設備が稼働しているか、まずは稼働状況の把握が第一歩となります。稼働状況と計画・スケジュールとのギャップを把握し、ボトルネックの解消に繋げるソリューションをご提供します。

お客様の「何とかしたい」におこたえします

経営者
  • 生産計画に対する進捗状況をリアルタイムに把握したい
  • 止まらない・稼働率の高い生産ラインを構築したい
  • 将来的に拡張性のあるシステムを導入したい
担当者
  • ボトルネックとなる設備・工程を把握したい。
  • 設備の故障要因、チョコ停の要因・頻度を把握し、適切な対策を講じたい
  • 受け持つライン・設備が多いので、離れた場所でも異常が発生したことをリアルタイムに把握したい

ソリューション概要

  • 自社開発のパッケージソフトウェアをベースに、お客様の要望・システム環境に応じたソリューションを提供します。
  • 設備からのデータ収集は、堅牢性・長寿命・高性能の三菱電機製MELSECシーケンサを採用。
    万一の故障時にもお客様でのユニット交換が可能です。
  • MES(製造実行システム)への機能拡張や、上位ERPや倉庫管理システムなど他システムとの連携も行えます
  • 設備から収集するデータ項目は、Excelファイルでメンテナンスが可能です。
  • モニタ画面は、三菱電機製「GENESIS64」などSCADAソフトを採用することでシステム導入後の画面レイアウトの変更などお客様でのメンテナンスが可能です。

主な機能

設備生産状況管理

各設備から収集する投入・出来高実績に基づいて生産の進捗状況をリアルタイムに表示します
設備単位の進捗率を表示することで、設備間の進み・遅れを把握することが可能です

生産計画・実績画面イメージ
設備生産状況管理画面イメージ

稼働状況管理(全体・設備)

ライン全体の稼働状況のモニタ表示、設備単位の「運転」「異常停止」「計画停止」などの稼働状態のグラフ表示などライン・設備から収集する運転状態をリアルタイムに表示生産ライン内のボトルネックを洗い出し、稼働率の改善に繋げます。

アラームサマリー/ヒストリカルアラーム

各設備のアラーム情報を収集し、発生中のアラーム情報をリアルタイムに表示します

各設備から収集したアラーム情報の発生・復旧履歴を一覧表示します
アラーム情報はCSVファイルでエクスポートできるので、集計・分析に活用できます

故障要因パレート図/トレンドグラフ

設備の故障要因別に「時間」「回数」をグラフ化し、停止の重点管理対象を洗い出すことができます
パレート図は、故障要因・稼働率など多くの項目を対象とし、ボトルネックとなる設備・故障要因の分析に有効です

各設備から収集した計測データをトレンドグラフとして表示します
グラフ表示項目はカスタマイズできるので、計測データ間の相互関係の分析ができます

オプション機能

スマートウォッチによる設備監視

異常発生時、オペレータが着用するスマートウォッチに警報通知。
異常発生時の初動を促進し、ダウンタイムの短縮・ラインの稼働率向上を図ります。

ネットワークカメラを使用した設備監視

ネットワークカメラを利用して既設設備のシグナルタワーの点灯状況を監視。設備の稼働状況を簡易的に収集・見える化できます。

稼働管理ソリューションに
関連する製品

当社が選ばれる理由

お客様の課題を解決するために、最適なソリューションを提供しています。