システムの老朽化によって制御機器などの故障による設備・生産ラインの停止リスクが高くなります。
安定的な設備・生産ラインの稼働には、計画的な機器・システムの更新が必要です。
制御装置の更新において、ソフトウェアはブラックボックスとなっているケースが多く、更新したくとも更新できない装置はございませんか?
これまで培ってきた経験・ノウハウをベースに、最新のFA機器・システムへの更新に対応いたします。

お客様の「何とかしたい」におこたえします

経営者
  • トラブル発生時のロス(費用・時間)を最小限に抑えたい
  • リニューアルに関する投資コスト、設備の停止期間は最小限に抑えたい
  • 生産終了品や海外製品のため、十分なサポートが受けられない
担当者
  • 老朽化した制御装置を更新したいが、ブラックボックスで資料もなく手がつけられない
  • 海外製品のため、トラブルが発生してもすぐに対応してもらえない
  • コントローラや監視装置のソフトウェアを自分たちでメンテナンスしたい

制御システムリニューアルのご紹介

海外製コントローラの更新・メンテナンスでお困りではありませんか?

  • トラブル対応に
    時間も費用もかかる
    • 海外からの対応なので、返答が遅い
    • 渡航費など、コストが高い
    • 予備品が手に入りにくい
  • 機能の追加など
    メンテナンスが難しい
    • 図面や資料が無く、手がつけられない
    • メンテナンスツールに慣れていない
    • そもそもメンテナンスツールが無い
  • 更新に必要な
    期間がわからない
    • 長期間、設備を止めることができない
    • 定修期間をできるだけ短くしたい
    • 予定どおりに更新できるのか心配

三菱電機株式会社のコントローラ導入でお客様の課題を解決いたします!

  • 予備品含むサポート
    対応が改善されます
    • お問合せへのレスポンス向上
    • 予備品の共通化など、コスト改善
    • 制御システム以外の更新も一括対応(ドライブ装置・監視システムなど)
  • 更新後もプログラム
    追加や変更できます
    • メンテナンスに必要なドキュメント類の提供
    • 日頃お使いのツールでメンテナンスが可能
  • 必要な設備停止は
    最小限に抑えます
    • 様々な制御システムに対応してきた経験をベースに、盤単位での段階的な切替えなどお客様の事情を考慮した更新計画を提案

当社ではSiemens AG製PLC SIMATIC S7シリーズなど他社製コントローラを対象に、三菱電機株式会社製シーケンサ MELSEC iQ-Rシリーズへのリニューアルのお手伝いをさせていただきます。
リニューアルに関するご相談やご質問がございましたら、お気軽にお問合せください。

リニューアルの進め方

  • 1 事前検討
    既設システムの調査を実施し、更新システムの提案と見積を提示します。
  • 2 設計・製作
    製作/更新計画書を作成し、適切な作業日程を計画します。
    更新時にシステムの機能改善を行います。
  • 3 現地作業
    新設盤の納入、既設システムに必要な改造と動作確認を行い、完成図書を納入いたします。

設備調査、最適な更新システム提案、設計、引渡しまで一貫して請け負います。

事前検討から現地作業までリニューアル作業を手厚くサポート!

当社が選ばれる理由

お客様の課題を解決するために、最適なソリューションを提供しています。