ここから本文

クレーン用電機品

制御方式とその適用

製品・サービスのお問い合わせ

特長

特長の画像

各種制御方式に対応した豊富な品揃え

クレーン用電機品の仕様はクレーンの構造,用途,電圧,制御方式などにより決まります。またクレーンの使用頻度,設置環境により,モータ・抵抗器などの定格が変わります。各種の制御方式,制御機器を準備し,ご使用に適した選定が出来るようまとめています。
各制御方式の比較につきましては、左下「各制御方式を見る」を参照ください。

長年の実績に基づく高信頼性

40年以上にわたる実績から信頼性の高い制御装置です。
(注)制御盤はシステム販売となります。
各制御方式を見る

制御方式

制御方式 適用負荷
(用途)
速度制御範囲 変動率 適用電動機容量 形名選定 カタログ
インバータ制御の画像
インバータ制御
プラス、マイナス、いづれの負荷でも可。(巻上,横走行,引込等) ±5%〜
±200%
2% 2.2kW〜200kW 型名選定 準備中
サイリスタ制御の画像
サイリスタ制御
±5%〜
±95%
3% 15kW〜350kW 型名選定 カタログpdf
±5%〜
±95%
5% 2.2kW〜110kW
高圧リアクトル制御の画像
高圧リアクトル
制御
±10%〜
±95%
5% 15kW〜750kW 準備中 準備中
うず電流ブレーキ自動制御の画像
うず電流ブレーキ
自動制御
+20%〜
-50%
約10% 7.5kW〜250kW 型名選定 カタログpdf
油圧押上機ブレーキ制御の画像
油圧押上機
ブレーキ制御
マイナス負荷(巻上,引込等) -20%〜
-30%
約20% 5.5kW〜75kW 準備中
二次抵抗制御の画像
二次抵抗制御
プラス負荷(横行,走行,旋回等)   低速にて
極めて大
2.2kW〜110kW 準備中
 

制御装置の特長

インバータ制御

交流カゴ形モータに印加される電圧及び周波数を任意に変化させてモータを可変速駆動する方式です。

サイリスタ制御

交流巻線形モータの一次電圧をサイリスタにより制御し,速度を変える方法です。
モータの駆動トルクの大きさを加減することが出来るため,効率のよい精度の高い制御特性を得ることができます。
正転/逆転の切替を含めて,サイリスタ制御を行うものを当社ではCR-B制御と呼んでいます。
正転/逆転の切替は,可逆電磁開閉器を用いたものを当社ではCR-C制御と呼んでいます。

高圧リアクトル制御

高圧(3KV級)交流巻線形モータの速度制御方式として可飽和リアクトルを用いる制御方式です。 可飽和リアクトルによりモータ電流を無段階に制御して,トルクを加減できることを利用し,モータ速度を自動制御するものです。
当社ではこれをBL制御と呼んでいます。

うず電流ブレーキ自動制御

交流巻線形モータを巻上用駆動機として使用する場合,巻下げ制御用としてうず電流ブレーキを使う方法があります。 この方法は負荷の大小により,うず電流ブレーキの励磁電流を自動調整する方式です。
当社ではこれをAS制御方式と呼んでいます。

油圧押上機ブレーキ制御

交流巻線形モータをクレーンの巻上用駆動機として使用する場合,巻下げ時に低速を得る安価な方法として油圧押上機ブレーキによって,速度制御する方法があります。
当社ではこれをMB制御方式と呼んでいます。

二次抵抗制御

交流巻線形モータをクレーンの横行,走行などの駆動機として使用する場合,モータ二次側に接続された外部抵抗(値)を変えることによりモータの速度を変える方式です。
当社ではこれをFK制御方式と呼んでいます。
一覧へ戻る

クレーン用電機品に関するお問い合わせはこちら

製品・サービスのお問い合わせ
ページトップ