ここから本文

用途・事例の紹介

位置決めユニットの配線作業の改善

モータの駆動制御を行う時に使用する位置決めユニットやコントローラ(サーボアンプ)の配線作業を改善します。

コネクタの加工が面倒・・・

位置決めユニットやコントローラー(サーボアンプ)は小型でコネクタを使用しているため
(1)コネクタへの電線の結線作業(はんだ付け,圧着,圧接等)が必要
(2)コネクタの端子間は距離が狭く結線後のチェックが大変
(3)コネクタの結線に専用工具(はんだコテ,圧着工具等)が必要
(4)外部入力制御信号線が別途必要で配線が難しい

問題となるポイント

端子ユニットを使用することで・・・

端子ユニットを使用することで・・・

解決するポイント

システム構成例

シーケンサ
QD75D2
FAグッズ
FA-LTBQ75DP×1台
接続ケーブル
FA-CBL**Q7×1本
FA-CBLQ7DM*J3×2本

この用途・事例で使用している製品

コネクタ⇔端子台変換ユニット位置決めユニット用ネジ端子台
バラ線
接続ケーブル

製品・サービスに関するお問い合わせはこちら

製品・サービスのお問い合わせ
ページトップ