社員紹介

機械設計
A.Y.

名古屋事業所
構造技術部
HMI・NC構造設計課
2018年入社
工学部 福祉環境工学科卒

入社理由

MEEに入社した理由は?

大学で学んだことを活かしたいと考え、機械設計のできる企業を中心に就職活動をしていました。そのなかで、MEEが設計開発に特化した会社であることを知ると同時に、最初の勤務地や事業分野を選んで応募することができたため、他の会社に比べて、希望の業界・職種につける可能性が高いということに魅力を感じ、入社を決めました。

仕事内容

現在、手がけている仕事は?

機械設計は大きく「構造設計」と「機構設計」の2つに分けられます。
私の所属するMEE名古屋事業所 構造技術部では、三菱電機名古屋製作所で扱うFA制御ユニットにおける、全ての構造・筐体設計を担っており、このなかで私はHMI(Human Machine Interface)製品の構造設計を担当しています。
HMIとは、人間が機械や装置を操作したり、人と機械との間で情報をやり取りするためのタッチパネル付の表示器です。HMIは主に工場の中で使用するため、構造設計の段階では防塵やノイズ対策、他にも衝撃や熱の対策などの様々な観点から設計することが求められます。また、人が操作する製品であるため、操作性やデザイン性なども考慮する必要があります。
実際の業務では、要求された仕様を満たすよう、CADや解析ツールを活用しながら部品の形状や配置を検討し、構想が決まった後は、試作と評価を行なうため、三菱電機のハードウエア開発部門や製造部門など、様々な部門とも連携しながら製品を開発していきます。

挑戦

業務で挑戦していることは?

構造設計の仕事をするなかでは、設計ツールの操作スキルだけでなく、規格や材料等の幅広い知識が必要になります。わからないことは自分で調べたり、先輩社員に質問することで、新たな知識を身につけながら業務を遂行しています。またそれと同時に、製造メーカに出向いて、実際に製造工程やモノを見ることで、自身の知見を拡げることにも取り組んでいます。

やりがい

どこにやりがいや喜びを見出していますか?

自分で設計した製品が、「モノ」としてできたとき、喜びを感じます。HMI製品を普段の生活で目にする機会は少ないですが、食品やゲーム機などの生活に身近な製品が、三菱電機のHMI製品が導入された工場で作られているなど、モノづくり(製造業)を支えている実感を得られ、社会に役に立っているというやりがいを感じます。

未来

これから挑戦したいことは?

今は先輩社員に教わりながら、目の前の業務を進めることで精一杯ですが、将来的にはコストや品質向上を考慮した仕様検討、設計までを一人で担当できる設計者になりたいです。そのためにも、日々の業務だけでなく社内講座の受講や資格取得にも積極的に挑戦し、構造設計に必要な知識や技術を習得していきたいです。

メッセージ

就活生への熱いメッセージをお願いします。

自身の進路を決めるなかで、悩みや葛藤などがあると思いますが、自分のことや、多くの企業を知ることができる良い機会です。少しでも気になった企業があれば、積極的に説明会やインターンシップ等に参加して、自分に合った企業を探してください。

Side Question

  • 学生時代に熱中していたことは?
    小学校~高校までバスケットボール部に所属し、毎日体育館を走り回っていました。嬉しいことに、学校は違いますが、同地区で何度も対戦したことのある人と縁があり、内定式で再会することができました。大学時代はカフェで約3年間アルバイトをしていました。カフェ以外にも、長期休暇を利用して住込みで旅館やスキー場のアルバイトなど、様々な職種を体験でき貴重な経験でした。
  • 休日の過ごし方は?
    家でゆっくり過ごすことが多いですが、趣味がカメラなので、外に風景などの写真を撮りに行ったり、同期と一緒に旅行に行くなどして、リフレッシュしています。
  • MEEの良いところを3つ挙げてください。
    • ・設計に特化した会社のため、技術者としての深堀りができる環境
    • ・教育研修制度、福利厚生の充実
    • ・会社休日が多く、有給休暇も取得しやすい環境
  • 職場の雰囲気は?
    普段は静かに業務に取り組んでいますが、質問すると優しく教えてくれる環境です。困っていることがあると、すぐ声をかけてくださります。また、一人で解決できないときはグループ全体で解決しようとする雰囲気があり、とても恵まれた環境だと感じています。
  • 事業所のある地域、
    環境の魅力について教えてください。
    ナゴヤドームが近いので、仕事後に野球観戦ができます。また、交通のアクセスが良いため、普段の生活や通勤時に便利です。愛知県は立地的に関東にも関西にも行きやすいため、どちらにも旅行に行きやすいのが魅力です。
  • 私が関わっている製品
    HMI(Human Machine Interface)

※掲載内容は取材当時のものです。