社員紹介

基板・LSI設計
T.K.

基板設計
基板・LSI事業部
基板技術部
通信機器PCB技術課
2014年入社
電気電子システム工学科卒

入社理由

MEEに入社した理由は?

私は就職活動をするにあたり、モノづくりを通じて社会貢献できる企業に就職したいと考えていました。そんな中、研究室の教授からMEEを勧められました。企業研究を進めるうちにMEEはトップクラスの技術を持った技術者集団であり、多種多様な製品の設計・開発に携わることができるということを知り、私の希望している企業に当てはまると思い、すぐにエントリーしたことを覚えています。また、MEEに就職した大学の先輩から、MEEの情報、職場の雰囲気などを直接聞くことができたのも、MEEを志望した理由の1つです。

仕事内容

現在、手がけている仕事は?

三菱電機コミュニケーション・ネットワーク製作所の製品(主に光アクセスシステム,無線通信システム、映像セキュリティーシステム)に搭載されているプリント基板の設計に携わっています。高速・高周波の信号を動作させる高密度・高多層プリント基板は、最先端の設計環境が利用でき、品質についても信号解析を行うことで確保しています。また、最新のCADを用いた基板設計では、1つの基板データを複数人が同時並行で設計することが可能であり、ベテラン社員から新入社員までがチームで設計することで、教育・技術の伝承、情報共有、工期短縮などを実現しています。

挑戦

業務で挑戦していることは?

新しい解析ツールの活用について、常に挑戦しています。最近では、社内のワーキング活動に参画し、コネクタの挿抜時の反りを解析しました。電気的な信号の解析とは異なり、まだまだ勉強が必要だと感じましたが、活動を通して反り歪の解析を実施する一連の流れを習得できました。ワーキングメンバーとの情報共有の機会があることや、構造設計・解析専門の部門からのアドバイスを参考にできること、すぐにスペシャリストの方に質問できるといったところが困難を乗り越えることにつながっています。

やりがい

どこにやりがいや喜びを見出していますか?

担当案件の設計にて、客先からの短納期・コスト低減の要求に対応し、フロアプランを考えて製品の品質不具合なく設計を完了できたときやお客様から感謝されたときにやりがいを感じます。

未来

これから挑戦したいことは?

Customer Service & Customer Delightの実践です。当事業部にある基板部門のスローガンである「基板丸ごとMEE」を実現すべく、基板設計を根幹に多種多様な技術(解析技術)を身につけ、当社保有のツールを積極的に活用し、提案型の基板設計を行うことに挑戦したいです。基板設計スキルの底上げをすることで先端技術を牽引する中心人物に成長し、お客様から信頼される一人前の技術者になることが夢です。また、英語力を強化し、国内だけでなく海外からの受注案件にも挑戦したいです。

メッセージ

就活生への熱いメッセージをお願いします。

就職活動という大事なイベントを楽しんでください。時間を費やしてでも、是非納得できるまで就職活動をしてください。うまくいかないこともあるかもしれませんが、そのときの努力が後の会社生活に役立ちます。あなたが選んだ一社がMEEであればうれしい限りです。頑張ってください!!!!

Side Question

  • 学生時代に熱中していたことは?
    フットサルです。大学のサークルではなく、社会人のフットサルチームに所属することで、単にフットサルを楽しむだけでなく、社会人としての基礎を身につけることができました。また、大学生のうちに社会人と交流することで、コミュニケーションの難しさとともに報告・連絡の重要さ、時間の使い方の大切さを学ぶことができました。その経験が、今の会社生活に役立っていると思います。
  • 休日の過ごし方は?
    休日は友達・同期と遊んだり、買い物に行ったりしています。年3回ある長期連休には、必ずヨーロッパ旅行に行っています。MEEは有給休暇を取得しやすいため、長期連休と有給休暇を合わせて取得して、長期間海外に滞在しています。これまでに30カ国に行ったことがありますが、まだまだ行きたい場所がたくさんあるので、お金と相談しながらさまざまな国に行ってその文化に触れたいです。
  • MEEの良いところを3つ挙げてください。
    • ・トップクラスの技術を持った技術者集団である。
    • ・他事業所・他部門の方と交流できる場がある。
    • ・福利厚生が充実している。
  • 職場の雰囲気は?
    仕事の会話がよく飛び交う活気のある職場です。特に上長との距離が近く、コミュニケーションも良好であるため、社内の雰囲気はとても良いです。困ったり悩んだりしているときは先輩社員に気軽に相談することができ、困難な状況となれば、グループ内全体で解決していく文化があります。

※掲載内容は取材当時のものです。