ここから本文

用途・事例の紹介

シーケンサシステム更新時のユニット共通化

装置に使用しているシーケンサが生産中止となり、最新のシーケンサへ更新を行うときのユニットを共通化します。

仕様の合うユニットがない・・・

シリーズが違えばユニットの仕様も異なるため
(1)更新時の置換えユニットでは既設のユニットの仕様を満足しない(DC24V 10mA,DC48/100V入力等)
(2)点数の違いによりユニット数が増えてしまう(既設は32点だったが更新すると16点になってしまう)

問題となるポイント

ターミナルユニットを使用することで・・・

ターミナルユニットを使用することで・・・

解決するポイント

システム構成例

シーケンサ
QX41
FAグッズ
FA-TH16X100A31×2台
接続ケーブル
FA-CBL**FM2V×1本

この用途・事例で使用している製品

ターミナルユニット入力用
出力用

製品・サービスに関するお問い合わせはこちら

製品・サービスのお問い合わせ
ページトップ