ここから本文

音響・振動診断システム VisibleWave

  • トップ
  • 事例
  • 特長
  • システム構成例
  • 主な機能
  • 製品構成
  • 体験版請求

システム構成例

製品・サービスのお問い合わせ
 
量産製品の異音検査(2ライン)を自動化するシステム構成の一例です。

一例

仕様
ソフトウェア仕様
計測時間 最大1億データ点数(サンプリング周波数50kHzで2000sec)※1
計測サンプリング周波数 最大100kHz(サンプリング周期:10μsec)※2
計測チャンネル数 最大4CH(診断時:1CH)※2
計測トリガー設定 アナログ電圧入力,計測CH/外部CHを選択可能
計測データ保存・読出し WAVE・テキスト・バイナリ形式
計測データ容量 196KB(計測時間:1sec、サンプリング周波数:50kHz時)
設定モード 標準モード/詳細モード 切替え
解析周波数範囲 標準モード:15.625〜32000Hz
詳細モード:データ,設定条件による
診断ワーク設定数 最大256種類(ワークNo.0〜255設定)
診断ワーク毎の計測条件設定数 最大32通り(ワークNo.毎に計測条件No.0〜31設定)
判定基準/1診断 最大100個(計測条件No.毎に設定)
診断結果保存 CSVファイル形式
診断時の計測データ保存 全て保存/NG時のみ保存/保存しない
判定種類 原信号/可視化処理1/可視化処理2/FFT
判定方法 12種類(四則演算により判定方法を組合せ可能)
※1:S/W上の理論値。実際に計測可能な時間はH/W性能に依存します。
※2:A/D変換機能使用時
動 作 環 境
項目
内容
本体
WindowsXP/Vista/7(32bit日本語版)が快適に動作するマシン
ハードディスク
インストール時に20MB以上の空き容量が必要
モニタ解像度
1024×768以上
ドライブ
CDもしくはDVDドライブ(インストール時に必要)
外部インターフェイス
LINE入力端子(サウンドデバイス使用時)
PCIバス空きスロット(アナログ入力カード使用時)
USB2.0/1.1ポート(計測時にアナログ入力ユニット
使用時)
 
 

音響・振動診断システムVisibleWaveに関するお問い合わせはこちら

製品・サービスのお問い合わせ
ページトップ