ここから本文

音響・振動診断システム VisibleWave

  • トップ
  • 事例
  • 特長
  • システム構成例
  • 主な機能
  • 製品構成
  • 体験版請求

製品構成

製品・サービスのお問い合わせ
ソフトウェアは、解析評価用と自動診断用の2種類をご準備しています。
 
 
解析評価用ソフトウエア
 
音の計測からグラフによる可視化,数値による定量化を行えます。また判定条件を設定して自動診断および事前検証が行えます。
音や振動の分析評価作業,自動判定用の判定条件チューニング作業等にご利用いただけます。
 
●ソフトウェア構成
 基本セットが最少構成となります。必要なオプション機能を個別に追加選択していただけます。
分類 機能名称 グレード 機能の概要

A

B

C

D

基本
セット
計測 PCのサウンドデバイスを利用した計測。ステレオ入力で2ch同時計測。計測開始はマニュアル/
自己トリガー/外部トリガーに対応。
解析
(可視化処理)
ウェーブレット変換を応用した可視化処理を採用。
フィルタ型/実効値型の2種類。間引き演算の設定。
グラフ表示 三次元,グラデーション,横断面,縦断面,サイドビュー,フロントビュー,原信号の各グラフを表示。
グラフスケールの自動補正が可能。
データの保存・読出し(基本) 原信号,wav,一括データの保存,読出しに対応(バイナリ形式)
オプション アナログ入力対応(4ch) アナログ入力カードを使用したデータ計測に対応,最大4ch同時計測。計測開始はマニュアル/
自己トリガー/外部トリガーに対応。
データの保存・読出し(拡張) テキスト形式によるデータの保存・読出し,可視化データの個別保存・読出しに対応。
FFT FFT解析,グラフ表示。周波数特性補正(A・C),4つの窓関数を選択可能。
数値演算   計測データの原信号もしくは可視化処理1/2,FFTを実行し、実効値や最大値,ピーク計数などの
数値演算が可能。CSVファイル出力が可能。
参考騒音値
演算
    原信号ファイルから音圧レベル(FLAT,C特性),騒音レベル(A特性)を算出します。
音の抽出・
消去
    計測データから任意の時間,周波数を選択して抽出,消去し,音データを生成します。
解析結果の補正    
可視化処理の振幅を乗数・べき乗・dB値に補正しグラフに表示します。
2データグラフ重ね合せ     2データを読込んで、原信号・横断面グラフ上で重ね合せて表示。また2データの差分(減算/
除算)も同時表示が可能です。
2データ差分演算     2データに対して数値演算を実施し、演算結果の差分の算出,最大差分値周波数を自動抽出。
CSVファイル出力機能有り。
データ
一括処理
  計測済データを一括選択して、各グラフの画像データ(bmpデータ)を一括生成します。
オフライン
診断
  事前に設定した判定パラメータ設定に基づき、一括選択した計測済データをオフラインで診断
します。診断結果はCSVファイルへ出力します。
自動診断     判定パラメータの設定に基づき、計測から診断までを自動的に実行します。
診断結果は画面表示およびCSVファイルへ出力します。
 
●グレード構成
 オプション機能を組み合わせた推奨モデルとして,以下の4つのグレードを設定しています。
グレード 位置付け

説明

用途
A 三次元解析
ベーシックモデル
計測・解析・グラフ表示・保存の基本機能を備えた解析ツール
● 音や振動を視覚化
● 異常の発生要因評価
● レポートのエビデンスに活用
B 解析機能強化
モデル
音や振動の特徴を捉える機能の充実を図り自動診断実現を支援 ● 研究開発部門での音の評価・解析
● ライン用システム導入の事前検証用
C 診断機能強化
モデル
解析ツールに判定機能を持たせてオフライン診断を実現
● オフラインでの抜き取り検査
● ライン用システムの判定パラメータ設定ツール
D フルスペック
モデル
全てのオプション機能を備えた
フルスペックモデル
● ライン用システム導入の事前検証
 および判定パラメータ設定ツール
 
 
自動診断用ソフトウエア
 
 
 量産製品検査ラインでの検査の自動化や,設備の常時監視など判定処理が必要な用途に適用します。
 
自動診断
基本
モジュール
判定パラメータの設定に基づき,計測から診断までを自動的に実行します。診断結果は画面表示
およびCSVファイルへ出力します。
(解析評価用ソフトウェアの自動診断機能を切り出し、アナログ入力や信号処理を実装したソフトウェアです)
  • 自動診断用ソフトウェアは自動診断に特化したソフトウェアです。
    計測データの解析評価作業やオフライン検証作業を行うには,解析評価用ソフトウェアが別途必要となります。
  • 検査の完全自動化に伴うお客様設備とのインタフェースや判定ロジック,操作画面の変更など個別にご要望を承ります。
ハードウェア構成例
  • 計測機器(マイク,加速度ピックアップ等)は用途に応じて選択できます。
  • 信号はPCのサウンドデバイス(マイク入力,LINE入力)による取り込みも可能ですが、
    取込精度はPCの性能に依存します。
  • PCやアナログ入力カードなどハードウェア選定の際は対応可能な製品について事前に
    お問合せください。
ハードウエア構成
 
 

音響・振動診断システムVisibleWaveに関するお問い合わせはこちら

製品・サービスのお問い合わせ
ページトップ