ここから本文

音響・振動診断システム VisibleWave

  • トップ
  • 事例
  • 特長
  • システム構成例
  • 主な機能
  • 製品構成
  • 体験版請求

主な機能

製品・サービスのお問い合わせ
自動診断実現までの流れに沿って機能を説明いたします。
Step1 サンプリング
A/D変換入力ボードもしくはパソコンのサウンド機能を使用して、正常品・不良品から発生する音を取り込みます。
サウンド機能
● パソコンのLINE入力を使用したステレオ(2CH)計測
● 外部アナログ信号によるトリガー計測に対応
● 計測ファイル名は自動/手動を選択して保存可能
A/D変換入力
● PCIボード型とPCカード型をサポート
● 最大4CH同時計測。サンプリング速度は最高10μsec(100kHz)/CH
● 外部アナログ信号によるトリガー計測に対応
  トリガー発生前のデータを記録するプリトリガー計測にも対応
● 計測ファイル名は自動/手動を選択して保存可能
データの保存、読出し
他の計測器で収集したデータの解析も可能
● 原信号・可視化・FFTデータを一括保存、読出し
● WAVEファイル(PCM形式)の保存、読出し
● TXTファイルによる解析結果・原信号データの保存、読出し
● ドラッグアンドドロップによるデータファイルの読出し
原信号データのTXTファイル保存例
Step2 データ評価
豊富な機能を活用し、サンプリングしたデータから異音の特徴を 定量化します。
可視化処理
● 時間 − 周波数解析の一種であるウェーブレット変換を採用
● 処理方法は、『フィルタ型』・『実効値型』の2通り
フィルタ型
  実効値型
フィルタ型_可視化処理の画像   実効値型_可視化処理の画像

FFT解析
● 解析結果に対してA特性・C特性補正が可能
グラフ表示
豊富な種類のグラフ表示
● 各グラフは表示スケール自動補正機能により最適表示
  (モードの切替により、指定のスケール値設定での表示も可能)
● 表示中のグラフを1クリックでクリップボードに保存し、他のアプリケーションへ貼付け可能
● PC画面上に開かれた複数グラフを1クリックで自動整列
 
三次元グラフ

時間 − 周波数−音圧軸上に立体的に表示
  横断面グラフ

単一周波数の時間軸波形を表示
三次元グラフの画像   横断面グラフの画像
 
グラデーショングラフ

時間 − 周波数軸上に音圧の分布を表示
  サイドビューグラフ

縦断面グラフを重ねて表示
グラデーショングラフの画像   サイドビューグラフの画像
 
原信号グラフ

原波形を表示
  FFTグラフ

FFT解析結果を表示
原信号グラフの画像   FFTグラフの画像
データ重ね合わせ表示
データ比較が容易
● 2つのデータを重ね合わせ、差分演算(除算・引算)して原信号・横断面グラフ上に表示 2つのデータを重ね合わせて表示したグラフの画像

 
データの差分数値演算
特定条件の絞り込みに有効
●2つのデータを数値演算して、演算結果と差分(除算・引算)を表示
判定条件の絞込みに有効!
●演算結果の差分が最も大きい周波数を自動抽出して差分値を表示
データの差分数値演算の画像
拡大図を見る
数値演算
● 計測データの最大値や実効値などを演算表示
● 特定の周波数波形に含まれる周期性や,任意の振幅値を超えるピークの数をカウントすることも可能
数値演算の画像
  拡大図を見る
参考騒音値演算
参考騒音値演算の画像● 計測済データを演算し音圧レベル(dB)・騒音レベル(dB[A])を表示
※この機能はJIS等で定められた各種騒音測定のテストレポートには使用できません。
特長音の抽出・消去
 
音として再確認
● 計測済データの時間 − 周波数の範囲を指定して抽出、消去し音に再生。(最大50データに対して、連続処理可能)
データの解析一括処理
● 計測済データ(最大50データ)を一括して可視化処理・FFT解析し、グラフ表示用データおよび各グラフ画像データ(bmpデータ)を生成
データの診断
● 判定パラメータに基づいて計測済データを一括して演算処理し、演算結果をCSV形式のデータで保存可能
データの補正
● 原信号に対して直流成分除去・乗数補正が可能
解析結果の補正
● 可視化処理結果に対して振幅レベルを乗数・べき乗・dB値補正し、グラフ表示が可能
Step3 自動診断
データ評価を基に良否の自動判別を行います。
 
判定パラメータ設定
判定パラメータ設定の画像● 判定基準は、時間・周波数範囲を指定して、次の設定が可能
 ・最大値・平均値・実効値・分散値・波高率・歪度・尖度
 ・単一周波数に対する周期回数
 ・指定振幅値を超過するピーク回数
● 最大100項目の判定結果をAND/OR条件の組合わせで総合判定
    拡大図を見る
自動診断
保存したデータは音で確認 解析も可能
自動診断の画像01
● 判定パラメータ設定条件に基づいて、計測から判定結果表示までを自動的に実行
保存したデータは音で確認、解析も可能!
● 計測開始は、 『手動』・『トリガー』の2通り
● 計測したデータは、『全て保存』・『不良時に保存』・『保存しない』から選択
  拡大図を見る
自動診断の画像02
● 総合判定結果と項目毎の判定結果・演算値・判定値を画面上に表示するとともに、CSVファイル形式でデータ保存
● CSVファイルへの保存項目、保存ファイル名は任意に設定可能
 
 
 
 

 

音響・振動診断システムVisibleWaveに関するお問い合わせはこちら

製品・サービスのお問い合わせ
ページトップ