ここから本文

小形低温恒温器SLC-25A

  • トップ
  • 特長
  • 仕様
  • 外形寸法図
  • 資料ダウンロード

小形低温恒温器はペルチェ方式を採用

製品・サービスのお問い合わせ
庫内温度の安定、コンパクト設計、配線接続孔の標準装備、良好な庫内温度分布
小形低温恒温器はペルチェ方式を採用、静かな研究室に最適。
コンパクトサイズで25L容量を実現。
パーソナル研究用途にもピッタリ
コンパクトでもシャーレ(φ90×15mm)が100枚以上収納可能。
3℃〜65℃の温度制御範囲で試験範囲も広がります。
国産で高い信頼性
当社の厳しい評価試験をクリア。
庫内清掃も簡単!
清掃もラクにできる簡単メンテナンス設計。
冷却時の霜取りは不要です。
ペルチェ方式とは
ペルチェ方式の画像
2種類の半導体を電極でつなぎ電気を流すと、一方で吸熱、他方で発熱が生じます。
この原理(ペルチェ効果)を応用して開発されたのがペルチェ素子です。
電流の方向や大きさを変えることで、冷却や加温などの温度制御を可能にしています。
5面・輻射冷却
5面・輻射冷却の画像 ファンを用いた強制対流方式ではないアルミ内箱の5面から自然対流方式で冷却・加温をするので、庫内温度分布が安定している上に、培養等の収納物も乾燥しにくい利点があります。
※この製品は医療機器ではありません。
   医療用定温器(薬事法における「微生物培養機 クラス分類I特定保守管理医療機器」)としてのご使用や、
   医療行為やそれに類似する行為、目的には使用できません。
 
 

小形低温恒温器に関するお問い合わせはこちら

製品・サービスのお問い合わせ
ページトップ