社員紹介

機械設計
H.H.

中津川事業所
2012年入社
機械工学科卒

入社理由

MEEに入社した理由は?

私は大学院で伝熱の研究に取り組む中で、目に見えない“熱流体”の難しさに、魅力を感じていました。また、部品ではなく、製品全体に関わる立場の技術者になりたいと考えていました。そこで就職活動では、学生時代に学んだ知識を生かし、ものづくりの第一線で探究を続けることができる“設計”の仕事を志望しました。
そうした中、設計に特化した企業である当社の存在を知ったのが最初のきっかけです。地元に近いこともあり、軽い気持ちで応募した中津川事業所の説明会で、世の中にこんな製品があったのか!!と衝撃を受ける製品に出会いました。今まで考えていなかった分野で、研究内容とマッチする製品でした。
最初の配属先事業所を選んで応募ができる採用方式だったため、自分が携わりたい分野の製品を担当できる可能性が高い点に魅力を感じ、本格的に志望するようになりました。熱意が伝わったのか、入社後、幸いにもその製品を担当することができました。

仕事内容

現在、手がけている仕事は?

私たちが生活する空間(家、教室、オフィスなど)は、快適に過ごすために適切な換気が必要です。一方、換気を行うと、エアコン等でせっかく暖めたり冷やしたりした空気を捨ててしまうことになります。私が開発・設計を担当するロスナイ®という製品は、これまで外に捨てていた温度や湿度を熱交換器で回収し、室内の温湿度をあまり変化させることなく換気を行うことができるという、省エネ機器です。
私の仕事は、市場ニーズをもとに製品の構想検討を行うフェーズから始まります。構想が固まれば、6人程のチームで試作機を作り、評価を行います。試作機で製品実現の見通しがつけば、特許や、量産に向けた図面を作成します。図面が完成すれば、いよいよ量産です。発売後は展示会でお客様に対し技術的な説明を行い、商品をアピールすることもあります。

挑戦

業務で挑戦していることは?

製品開発の現場では、新機能の搭載や性能向上のため、日々技術開発に取り組んでいます。新しいことをやろうとすると、当然その知識が必要になります。私はまだまだ勉強不足で、今でも大学時代の教科書を引っ張り出して勉強しています。
以前、新しく導入するある部品の評価を行ったのですが、どうしても試験がうまくいかず、悩んでいました。先輩に相談したところ、原因はなんと、機械系の私にはさっぱりわからない化学的な問題でした。まさか換気の仕事をしていて、化学反応式を見るとは考えもしませんでした。そのときは、化学に精通した先輩のおかげで何とか乗り切ることができましたが、改めて勉強の大切さを痛感しました。
経験が少ない若手のうちは、せめて知識でカバーしなければと考え、最近は様々な資格にチャレンジしています。必要な知識はOJTの中で身に付く上、課内勉強会や講演会が充実しているので、環境は良いと思います。

やりがい

どこにやりがいや喜びを見出していますか?

三つあります。一つ目は、自分の担当した製品が量産ラインを流れるのを見たときです。製品化に至るまでには様々な苦労があります。「ここはいいアイデアだったな」「ここは悩んだな」と考えながら、出荷されていく商品を見ていると、胸が熱くなります。
二つ目は、悩んでいた部分の解決手法を思いついたときです。こうすれば解決できる!とひらめいた瞬間の快感は、言葉にできません。チームメンバーと話し合ってより良いアイデアにすれば、特許になることもあります。大きなやりがいの一つです。
三つ目は、うまくいかない部分の原因を突き止めたときです。試作機であれこれ検討していると、後になれば簡単なことでも、原因か分からず、しばらく悩むことはよくあります。大げさかもしれませんが、仮説検証を経て、真理のようなものに近づけたときの喜びは、ひとしおです。

未来

これから挑戦したいことは?

これからの日本を支えるような、夢のある製品を開発するのが目標です。元々は会社の中心となる基幹製品の開発に興味がありましたが、社会人になり様々な製品や先輩方と接するうちに、創造的な開発に興味を持つようになりました。近年爆発的に発展している情報産業やバイオ産業に比べると、私のようなハードウェアの技術者が活躍できる市場は縮小していくとも言われていますが、世界を見れば、まだまだこれからだと感じています。環境は整っていますので、あとは私自身がどう取り組むかだと考えています。

メッセージ

就活生への熱いメッセージをお願いします。

私は、どんな企業で働くかではなく、どんな仕事をしたいのかという点にこだわって就職活動を行いました。就職活動は、自身を振り返る最高の機会です。この機会に、自分の適性を発揮できる、本当にやりたいことは何かを見つけてください。他人を欺く術はいくらでもあると思いますが、自分を欺くことは絶対にできません。
もし、何をやりたいのか迷っている方は、興味のある分野の展示会や見本市に行くのをお勧めします。様々な企業の商品や社員に、直接接することができます。志望する企業や製品がはっきりしている方も、実物をじっくり見て、担当者と話せば新たな気づきが生まれると思います。当社もよく展示会に出展していますので、興味のある方はぜひ!!(笑)。
就職活動は正解がないので、葛藤の日々が続くと思います。一つの考えに固執せず、柔軟に考え、自分らしい道を見つけてください。

Side Question

  • 学生時代に熱中していたことは?
    学生時代にはヨット部に所属し、毎週末、部活にのめり込んでいました。ヨットは、帆に受けた風の力だけで動く船で、海上に打たれたブイを決められた順に回り、順位を競うスポーツです。大学時代は二人乗りの小型艇、大学院時代は社会人セーラーと一緒に大型クルーザーに乗り、全国を航海しました。
  • 休日の過ごし方は?
    子どもと遊ぶことが多いです。最近は歌が好きなようで、好きな歌を必死に覚える毎日です。歌詞や音程だけでなく、ダンスも覚えないといけないので、休みの日は忙しいです。
  • MEEの良いところを3つ挙げてください。
    • ・業界の第一線で活躍する製品の開発に携わることができる点
    • ・最初の配属先事業所を選んで応募ができる点
    • ・人材育成を重要視しており、研修や教育が充実している点
  • 職場の雰囲気は?
    私の課は35人が在席し、製品や業務により2つのグループに分かれています。私のグループは15人が所属しています。困ったことがあれば、仕事でもプライベートも何でも相談できる先輩ばかりです。また中津川事業所には、パーティー会場を貸し切って行う毎年恒例の一大イベントがあり、事業所全体の雰囲気が良いです。
  • 事業所のある地域、
    環境の魅力について教えてください。
    中津川事業所は、自然に囲まれたのどかな街に立地しています。朝は中津川のせせらぎを見ながら出勤し、昼休みには会社に隣接する堤防に座りながら雑談して、リフレッシュしています。帰りが遅くなっても、初夏はカエルの合唱、冬は満天の星空で癒されます。スキー場まで近いところも魅力の一つです。
  • 私が関わっている製品

ページトップ