ここから本文

会社案内

プレスリリース


広報
2017年4月13日

需要が拡大する製品安全の規格試験への対応を強化
EMC東日本センター内にISO/IEC17025認定「製品安全試験室」新設、運用開始
  三菱電機エンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、社長:吉永 徹)は、製品安全の規格試験を行う「製品安全試験室」をメディアシステム事業所(神奈川県鎌倉市)のEMC東日本センター内に新設し、4月17日に運用を開始します。当試験室は、英国認証機関(element社)からISO/IEC17025認定※1試験所としての認定を取得しており、世界基準の認証取得が可能です。

※1:測定・校正の試験所に対する認定制度で、当該試験の能力が世界基準を満たしていることを第三者認定機関が認定する規格。

「製品安全試験室」新設の背景・狙い

  近年、市場のグローバル化により世界各国で安全に対する法令化が進み、製品やサービスへの安全・信頼性の要求が高まるなか、世界基準(ISO/IEC17025)の認定を取得した試験室で行う製品安全の規格試験の需要が拡大しています。
  当社はこれまで、製品安全コンサルティング・EMC試験・認証取得代行まで一連の業務に対応してきましたが、今回、英国認証機関からISO/IEC17025の認定を取得した「製品安全試験室」を開設します。当試験室での製品安全の規格試験により世界基準の認証取得を可能としました。これにより、EMC認証試験とのワンストップ化でサービスのさらなる充実を図るとともに、拡大する市場ニーズにお応えします。

「製品安全試験室」の特長

製品安全の規格試験により、ISO/IEC17025の認定取得が可能

  • 英国認証機関から世界基準(ISO/IEC17025)の認証を取得
  • 製品安全の規格試験により、世界基準(ISO/IEC17025)の認証取得が可能

EMC認証試験とのワンストップ化を実現

  • 製品安全コンサルティング・EMC試験・EMC認証取得とのワンストップ化を実現

「製品安全試験室」の概要

所在地メディアシステム事業所 EMC東日本センター内
(神奈川県鎌倉市上町屋228番地)
面積試験室52.7㎡、ミーティングルーム14.1㎡
運用開始日2017年4月17日
主な設備安定化電源、接地導通試験器、ボールプレシャー装置他
主な対象製品情報機器・産業用機器・計測機器等
サービス内容CEマーキング※2をはじめ国際規格に基づく安全認証サービスを提供
試験能力50件/年間

※2:欧州市場へ流通させる製品に対して適用される法的規制(EU指令)の全てに適合していることを宣言するための表示。EU加盟国が輸入する場合、表示のない製品は原則として通関することができない。

製品安全試験室に関するお問い合せ先

三菱電機エンジニアリング株式会社
EMC東日本センター
〒247-0065 神奈川県鎌倉市上町屋228
TEL:0467-41-3920

報道機関からのお問い合わせ先

三菱電機エンジニアリング株式会社
総務・法務部 総務グループ
TEL:(03)3288-1101

ページトップ