ここから本文

会社案内

社会貢献活動

MEE 助け愛基金

MEE 助け愛基金は、三菱電機エンジニアリング株式会社と三菱電機エンジニアリングユニオンが、社会貢献活動の一環として、毎年拠出金を積立て、自然災害発生時の災害発生地域や高年齢者または障害者のための施設や団体へ、寄付・寄贈などで貢献することを目的に2007年6月に設立されました。
◇災害支援
災害で被災された方々の救援や被災地の復旧・復興支援としてMEE 助け愛基金を活用しました。被災された皆様に対して謹んでお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興を心から祈念いたします。
2020年07月30日 「令和2年7月豪雨災害義援金」を日本赤十字社を通じて100万円寄付させていただきました。
2020年05月29日 新型コロナウイルス感染症の影響による事業支援として中央共同募金会の「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金」に100万円寄付させていただきました。
2019年10月17日 「令和元年台風第19号災害義援金」を日本赤十字社を通じて100万円寄付させていただきました。
2018年07月11日 「平成30年7月豪雨災害義援金」を日本赤十字社を通じて100万円寄付させていただきました。
2016年04月22日 「平成28年熊本地震災害義援金」を日本赤十字社を通じて100万円寄付させていただきました。
2014年10月31日 「平成26年8月丹波市豪雨災害義援金」を日本赤十字社兵庫県支部を通じて10万円寄付させていただきました。
2013年11月29日 「東京都大島市の台風による被害への義援金」を日本赤十字社東京都支部を通じて30万円寄付させていただきました。
2011年03月31日 「東北地方太平洋沖地震義援金」を中央共同募金会を通じてMEE 助け愛基金490万円と
従業員からの寄付金391万4550円をあわせた881万4550円寄付させていただきました。
2008年11月10日 「富山7月大雨災害義援金」を富山県共同募金会を通じて10万円寄付させていただきました。
2008年08月04日 「岩手・宮城内陸地震義援金」を岩手県共同募金会を通じて70万円、
「宮城県共同募金会」を通じて30万円寄付させていただきました。
2007年08月09日 「新潟県中越沖地震義援金」を新潟県災害対策本部へ100万円寄付させていただきました。
◇社会福祉支援
当社事業所・支所のある地元の社会福祉事業への支援としてMEE助け愛基金を活用しています。
2020年12月 社会福祉法人 鎌倉市社会福祉協議会様へ、鎌倉事業所、メディア事業所より30万円を贈呈しました。
福祉活動振興基金の活動資金として活用いただいております。
2021年02月 社会福祉法人 三田市社会福祉協議会様の三田市善意銀行へ、三田事業所より30万円を贈呈しました。地域福祉の推進活動に活用いただいております。
なお、贈呈式では、三田市社会福祉協議会様より感謝状を授与いたしました。
2021年02月 長崎県立盲学校様へ、長崎事業所よりコードレススティッククリーナー2台、空気清浄機4台を贈呈しました。学校内で活用いただいております。
2021年03月 社会福祉法人 稲沢市社会福祉協議会様へ、稲沢事業所より非接触検温装置を贈呈しました。各事業などで来場される際の体温測定として非接触検温装置を活用いただいております。
2021年03月 社会福祉法人神戸市社会福祉協議会様の善意銀行へ、神戸事業所より30万円を贈呈しました。「神戸ふれあい工房」の商品パッケージの改良に活用いただいております。なお、贈呈式では、神戸市社会福祉協議会様より感謝状を授与いたしました。
2019年08月 社会福祉法人 福山市社会福祉協議会様へ福山事業所より30万円を贈呈しました。地域での、人口減、高齢化、一人暮らし、家族との絆、など様々な課題がある中で、「居場所づくり」「見守り活動」「SOSネットワーク」などの活動に有効活用いただいております。なお、贈呈式では、福山市社会福祉協議会様より感謝状をいただきました。
2019年10月

社会福祉法人 春日井市社会福祉協議会様へ名古屋事業所より30万円を贈呈しました。

地域での活動に有効活用いただいております。

2019年11月 社会福祉法人 茅野市社会福祉協議会様へ本社より30万円を贈呈しました。市民のひとり一人が安心して暮らせるように福祉の向上のために活用いただいております。茅野市は悠心荘(保養施設)の地元となります、なお、贈呈式では、茅野市社会福祉協議会様より感謝状をいただきました。
2019年12月 社会福祉法人 姫路市社会福祉協議会様へ、姫路事業所・メカトロシステム事業部より30万円を贈呈しました。地域の福祉活動に活用いただいております。地域福祉活動は、集会所でのふれあい、独居老人見守り活動、子育支援などを行うことで、高齢者、障がい者、子育て中の親子などの社会的な孤立、孤独や不安、悩み等の解消を図ってます。なお、贈呈式では、姫路市社会福祉協議会様より感謝状をいただきました。
2020年03月

静岡県立静岡南部特別支援学校様へ、静岡事業所より食品乾燥機を贈呈しました。

特別支援学校の事業に対する支援の一環として、食品乾燥機は生徒が同校で育てた作物等を乾燥させる調理実習に活用されています。

2020年03月 社会福祉法人 いこい様へ、和歌山事業所より30万円を贈呈しました。同施設内の出張所「おうちごはん彩菜」で使用する冷凍庫の購入資金として活用されます。なお、贈呈式では、いこい様より感謝状をいただきました。
2018年09月

社会福祉法人 長岡京市社会福祉協議会様へ京都事業所より30万円を贈呈しました。

社会福祉事業の費用として互いに支えあえるあたたかい地域づくりに活用されています。

2018年10月 社会福祉法人 福成会 塚口福成園様へ基板・LSI事業部、伊丹事業所よりステージ台(2×3m)2式を贈呈しました。地域共生社会の実現に向けてグランドで行われる「ふれあいカ-ニバル」などのイベントに活用されています。
2018年11月

社会福祉法人 福岡市社会福祉協議会様へ営業統括部九州支店、 SE事業部九州支所より30万円を贈呈しました。福祉のまちづくり推進のために活用されています。

なお、贈呈式では、福岡市社会福祉協議会様より感謝状をいただきました。

2018年12月

社会福祉法人 赤穂市社会福祉協議会様の赤穂市善意銀行へ赤穂支所より30万円を贈呈しました。

多岐にわたる地域福祉の向上のために活用されています。贈呈式では、赤穂市社会福祉協議会様より感謝状をいただきました。

2019年02月

社会福祉法人 中津川市社会福祉協議会様へ中津川事業所より介助型と自走型車いすを各2台(約30万円相当)寄贈しました。

車いすは、健康福祉会館内に整備され、貸出用として活用していただいております。なお、贈呈式では、中津川市社会福祉協議会様より感謝状をいただきました。

2019年03月

社会福祉法人 太田松翠会 多機能型事業所ぽかぽか様へ群馬支所より30万円を贈呈しました。

学校に通うことができない重度の障がいを持つ「重度心身児者」への日中活動の支援や設備の充実などに活用いただいております。

2018年02月

社会福祉法人 鎌倉市社会福祉協議会様へ鎌倉事業所、メディアシステム事業所より

30万円を贈呈しました。福祉活動振興基金の活動資金として活用されています。

2018年02月

社会福祉法人 稲沢市社会福祉協議会様へ稲沢事業所より30万円を贈呈しました。

貸出用テント2張の購入資金として活用されています。

2018年03月

長崎事業所から徒歩圏内にある長崎県立盲学校様に、

コードレスクリーナー5台と洗濯機1台を贈呈しました。

長崎県立盲学校は幼児教育~職業教育まで幅広い生徒が在席しています。

目の見えない人、見えにくい人にとってコードがないので、

安心して掃除ができ、洗濯機は寄宿舎での生活に欠かせない製品となっています。

2018年03月

社会福祉法人 丸亀市社会福祉協議会様へ丸亀事業所より30万円を贈呈しました。

地域の社会福祉活動の費用として活用されています。

贈呈式には、丸亀市社会福祉協議会様のキャラクターのオルデくんも参加し当社キャラクターの

エンジくんと初対面となりました。

2018年10月22日に「第14回丸亀市社会福祉大会」が開催され、丸亀市社会福祉協議会様より感謝状を授与いたしました。
2018年03月

社会福祉法人 三田市社会福祉協議会様の三田市善意銀行(地域福祉の推進)へ三田事業所より30万円を贈呈しました。 社会福祉活動に活用されています。

なお、贈呈式では、三田市社会福祉協議会様より感謝状を授与いたしました。

2018年03月

社会福祉法人 郡山市社会福祉協議会様へメディアシステム事業所郡山支所より30万円を贈呈しました。

地域福祉活動等の費用として社会福祉活動に活用されています。なお、贈呈式は7月に行い、郡山市社会福祉協議会様より感謝状を授与いたしました。

地域の活動

◇各事業所での活動

当社では、三菱電機グループの一員として各地域の三菱電機株式会社の社会貢献活動に参加しています。

◇悠心荘の森づくりイベント

当社社員・OB、およびその家族を中心に、三菱電機エンジニアリング株式会社保養施設「悠心荘」(長野県茅野市)の敷地を利用して、地元講師を招いて伐採や植林等の森林の整備活動やネイチャーセミナーを実施しています。

地域の活動
地域の活動

2012年から年3回実施し、2019年でのべ約150名が参加しています。森林整備体験・講義を通じての生物多様性や地球温暖化等の環境マインドの熟成を図っています。

2019年8月の開催では、大人はナタ等を使った樹木整備、子供は手のこぎりを使った丸太伐りや専用の装備をつけてのツリークライミング等を体験しました。

◇支援活動
2020年05月

京都事業所では、京都大学医学部付属病院様へ、備蓄品の中からN95マスクおよびサージカルマスク計790枚を寄付させていただきました。

ページトップ