ここから本文

会社案内

環境への取り組み


環境基本方針と環境管理活動

環境基本方針

    ● 事業活動・社員行動を通じて「グローバル環境先進企業」を目指す

      当社は、未来の人々と地球環境を共有しているとの認識の下、環境への取り組みを経営の最重要課題の一つと位置づけ推進します。
      事業活動及び社員行動を通じ、地球環境と地域社会に調和した事業活動を推進し、「持続可能な社会」と「安心・安全・快適」な生活が両立する豊かな社会の実現に貢献する「グローバル環境先進企業」を目指します。

    ● 技術を活かした環境負荷低減への貢献

      これまで培った技術や新たに開発する先進的な技術を用い、事業活動での温室効果ガス排出量の抑制や資源循環の推進等によって地球環境に与える負荷をできる限り少なくし、かつ生物多様性への配慮に努めていきます。また、各々の製品を継続的に改善し、「小型・軽量」、「高性能」で、「省資源」、「省エネルギー」に配慮した製品・サービスを提供することにより、社会に貢献していきます。

    ● 環境マインド醸成と社会とのコミュニケーションの推進

      「自然と触れ合う活動」を通じて環境マインドを育成し、社員やその家族、地域社会とともに社会貢献活動の輪を広げていきます。環境に配慮した設計・製品開発業務、及び日常の業務改善活動などを通じて、環境マインドの醸成を進め、環境負荷の低減と汚染の予防に努めます。
      環境への取り組み状況を社会に開示し、地域社会との相互理解のためのコミュニケーションを進めます。

    ● 環境関連法令の遵守と地球環境改善への貢献

      法は最低限の社会規範との認識の下、国際的な環境規制、国・自治体の環境規制を遵守すると共に、三菱電機グループが運用する規制を遵守し、社会の変化に対する鋭敏な感性を持って、常に環境への配慮を忘れず事業活動に取り組みます。
      事業活動を通じて積極的な環境改善に挑戦し、豊かな暮らしづくりと地球環境の改善に貢献します。

環境側面

  • 企業の存在意義の重要なポイントとして、企業活動を通じての社会への貢献(CSR)という要素は年々重要性を増してきています。中でも、当社を取り巻く環境への配慮・貢献は企業価値を高めるための重要な活動です。
  • 当社は環境に影響を及ぼす材料を大量に取り扱っていないため、環境に影響を及ぼす各種廃棄物の適正処理や法令に準拠した適正管理を行うことが重要な環境側面になっています。
  • また、設計専門会社として、積極的な社会貢献を行なう視点から、常に環境に配慮した製品設計を推進することと、当社製品のうち、環境保全に有益な製品を明確化し、積極的に拡大販売していくことがプラス面での環境側面となっています。
  • これらの観点から、当社の特徴や環境管理状況を考慮し、次の3点を著しい環境側面として抽出しました。
当社における環境側面
環境側面 環境影響 業務
環境法令の遵守 環境法令違反による環境汚染の回避 全業務
環境適合設計の拡大 省資源化、省エネ化、環境汚染の回避 開発設計、
製品設計
環境貢献事業の拡大 環境配慮製品の拡販による環境負荷軽減 営業、SE

ISO14001認証取得

当社は2009年1月14日に認証取得し、
2018年1月14日に更新しました。
ISO14001認証取得

環境マネジメント推進体制

効果的な管理を可能にするために、環境マネジメントシステム(EMS)に関して、図の体制で活動を進めております。

経営者(社長)が任命した環境管理責任者は、各地区の環境管理活動を統括し、環境事務局がこれを補佐します。各地区(事業所等)の地区環境責任者 (事業所等の長がこれにあたります)は、地区環境管理責任者を任命し、地区環境管理責任者は地区環境推進者と地区環境事務局の補佐を得て、それぞれの地区の環境管理を推進します。

こうした全社一体となった推進体制によって、環境管理活動を進めております。
ISO14001認証取得
ページトップ